忍者ブログ
<< 2017/11 >> 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

中を黒く塗って貼り付ける。


太い筋堀を入れた。

 
スコープドッグ、 こつこつ塗ってるよ。



↓↓





拍手[19回]

PR

パーツの磨きヒケ処理。


型関節の位置を変えるため、ポリパテでうめる。


軸位置を決める。


こんな感じ。


戦艦のときはこんな感じ。

実は内側と外側を逆にして取り付けている。
その方がしっっくりとくるのだ。

 
いい感じじゃないだろうか?



 
コメントで催促があったので塗っている。


 押すときっといい事があるぜ!



拍手[21回]

 
学研のレギオスのときもそうだったんだけど、素材が分厚くて
ヒケの量もものすごいので表面処理がかなりつらい。


軸回転変形のところ、隙間がすごくあいているので
プラ板で埋める。

 
表面処理中。
あと内部にマグネット仕込んで変形の固定をサポート。


これ玩具のままの肩関節の軸位置な。


せめてこのくらいにしたい・・・・


修正だ!

 
肘のところの形を参考にしようとしたけど、
左右で形というか大きさ全然ちがう。
デッサンおかしい。

あと前々から思っていたけど、バルキリーの設定画!
ガンポッド持ってる方の肘の関節位置がかなりおかしいぞ!!

そう思うだろ!

そう思っても思わなくても


押せっ!!

「・・・・・・」

押せ!!

拍手[25回]


主砲が短い(羽佐間道夫風に)



分解して切断し伸ばす。
2センチ伸ばしたかったが結局1センチにした。


いけるんじゃないか?


どうだ?



違和感はない感じ。
 
戦艦状態でもかなり良くなったんじゃないか??



個人的にはOKだね。

修正はまだまだつづく


押してね!

拍手[16回]



突然タカトクトイスのマクロスいじり始めたのは訳がある!

1本目の動画をみてくれ。


足、片方だけ直したところ。
いけそうだ!


関節は金属のギミックを自作。
制度が必要で、これが結構たいへんなんだよ!!

  
安定感を得るため、試行錯誤でギミックを製作。


これはうまくいったとおもう。
玩具の元構造を利用するのは当初は不可能だと思ってた。


足の関節を直しただけでここまで見違えるほどカッコよくなるとは・・・・


後は戦艦時の先端が短いこと・・・
これを何とかしなければ!


正直言って改修製作はかなり大変だ。

拍手を頼む!
俺にパワーをくれ!
やる気をくれ!

みんなのワンクリックが俺のエネルギーになるんだ!!

押せ!!





拍手[30回]


溶接跡部分にエアブラシで黒をうすく吹いた。


そこに銀のタッチを加えていく。
これ最近やり始めた方法。


派手になりすぎないように気をつける。


あとマーキングで文字を書き入れる。
マスキングテープでラインを決める。

 
こんな感じ。



押せば、押すとき、押すから、押さねば。

拍手[28回]



以後の動画はツイッターの「カリスマ伝説」で公開。

拍手[8回]

 
久々に油絵具を使ってウェザリングしてみた。
大きいモデルには結構効果的。

 
油絵具を塗って・・・・

 
ふき取ると・・・・・

どや!グラデーションみたいやろ!



油絵具は文字どおりの油だから、本物の油よごれっつー事になるわな。

 
下半身は派手に!
上半身は地味に。


あ、そうだ!


押せよ!!!!!





 

拍手[22回]



これに関してはデカールというものがなく、基本的に手描きや
マスキングで対応していくしかないんだよね。

カメラ周りも塗装。




ところで屋根裏にしまってあったプラモデルがたくさんあってさ・・・

 

いくつか発掘したんだけど、
まあ、詳細は下記の動画を見てくれ!!

https://www.youtube.com/watch?v=2ybPLiKUD_w


しかし、子供のころにほしい玩具を子供に与えないで
がまんばっかりさせてると、大人になって反動で
玩具を爆買いする大人になるってよくいうよね・・・?

でも、うちは親が金持ちだったので
ちょっとダダこねれば何でも買ってくれていたけど、
なんでも買い与えられた俺でも、しまいきれないほどに
プラモデルかってるわけだした、結局のところ一緒じゃね?
っておもうわ。

よーし!今日もファントムさんの拍手押すぞー!!

押すぞー、押すぞー、押すぞー!!


拍手[20回]

© [ BLUE MIRAGE - bm-black ] 忍者ブログ [PR]