忍者ブログ
<< 2017/08 >> 1 2 3 56 7 8 10 11 1213 16 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
プロフィール
HN:
カリ・ス
性別:
男性
自己紹介:
主に古いタイプのキャラクターキットを製作しています。

お問い合わせはこちら
nosutaru@outlook.jp
P R
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]


中くらいの大きさの真鍮ボールに穴をあける。

この作業が意外にたいへんだ。




フラットバーと真鍮棒でパーツを用意。
フラットバーに正確に穴をあける作業も結構難しい。




パーツをくっつける。

 

肩のパーツに関節を仕込むスペースと台のようなものを作っていく。



拍手[2回]

PR




金属の関節を作る。

アルミで作っていた部分の精度があまり良くなかったので
真鍮で作り直す。

真鍮は高額なので出来ればアルミで行きたかったのだけれど・・・



こんな感じ



ん・・・!?

 

 立たせてみる。

 

足の付け根の関節も真鍮で作り直し



腰の関節。



回転軸の必要が無い関節はもっと小さなジョイントに作り直した。

こっちの方が安定がいいみたいなので替えてみる。

拍手[5回]

 

頬のラインのイメージが実際のものとは異なる感じになってしまったので
これから手を加えて直していく。

拍手[4回]

 

たいしたことないように見えて、なかなかこれをプラ板でつくるのは大変だぞよ!

拍手[5回]



 

ゆっくりになってしまっていますが、進んでいます。

画像はたぬきさんから~

拍手[3回]

 
とりあえずまだ脚だけだね
実は胸のパーツは出来あがってきていないので全部は作業できない。

 
関節の取り付けが決まったら中を黒く塗って蓋する。

 
ペコペコしないように中に補強をいれていく。(全て)

拍手[5回]



二重関節で可動範囲を広くする。

金属で製作して関節のぐらつきを減らし
安定したポーズをとれるようにする。


整体では関節の隙間はない。
この設計でいけそうだ・・・


金属のボールの表面に穴を開けるのは至難の業だぜ!

 
真鍮とアルミを使ってはいるが、かたいので加工に時間がかかるし疲れる。


拍手[3回]

 
レオパルドンに関節を仕込んでいく。

ガワができてから関節を設計するという・・・
かなり行き当たりばったりな方法だけどいつものことなので。

箱メカということでどのように関節を仕込んだらよいのかわからず
非常に悩む・・・・

玩具みたいに関節と関節の隙間を大きく開けてしまうという
方法は極力避けたい。


3Dプリンターで出力した角と胸プレートの試作品。


ツイッターのほうには画像沢山上げたけど、
衝動的に手を入れたタカラのディアルモデルブルーティッシュドック。
意外にかっこよくなった。

拍手[3回]


 
レオパルドンが かなり出来上がってきているが
55センチという大きさがものすごい大迫力!!

組立が終わってるパーツは本日渡してもらってきたので
これから加工&関節を仕込むぜ!!

拍手[3回]



3Dプリンターはある程度たよりになるときと
そうでないときがある。

 
どうやったら綺麗に出力できるか、ひどいときは
10回くらい出力テストをするときもある。

自分は粗目の出力で自分で表面処理をするという方向性で使っているのだが、
それにしても酷いときは酷い。
四角柱とか円柱のような型は比較的綺麗に出力できるのだが、
こういった複雑な斜めラインとなってしまうと、ほとんどパテもり
のベースくらいにしか考えられないような出来だ。

 
「なにこれ・・・・!?」
といいたくなるだろいうがしかたない。

もちろんパーツが小さいこともあるし、時間節約のための設定がしてあるし
斜めのラインだらけだし実際にはこんなもんなのだ。

左が縦置きにプリント、右が寝かせてプリント。
置き方だけでもプリントの質がおおきくかわってしまうし、
ヒケで大きさの比率も変わってしまう。

実際右左では大きさはかなりちがう。

冷めると入れた設定の大きさよりもだいぶ小さくなってしまうから
ここがまた厄介だ。

3Dプリンターはみんなが思っているほど簡単便利な機械ではない。
(もちろんプリンター精度にもよるけど)
 
 
これからいろいろテストして最終的にどう作るかを決める。

実際1/6モスピーダもこのプリンターで出力しているので
ようはうまく使う事なんだわ。

拍手[2回]

© [ BLUE MIRAGE - bm-black ] 忍者ブログ [PR]