忍者ブログ
<< 2017/10 >>1 2 4 5 8 9 10 11 12 13 14 17 18 20 2122 24 25 26 27 2829 30 31
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
レオパルドンのフルスクラッチだが、
今月完成を目指してすごい勢いで進めてはいたのだが
途中、いろいろと悩む部分が出てしまい思いっきり失速・・・。

それにつられてネットに記事を上げるのもさぼっていた。

悩んだ挙句に部分的に作り直すことになった。

写真は撮ってあったので、とりあえずその後の過程画像はアップ。

 
すねのパーツ、何とか原型を作り上げて型取りして複製。


首の部分の製作。
中には金属関節を仕込む。


複製したパーツを磨きだして仕上げていく。


表面処理をして綺麗にしていくのが手間のかかる作業。

 
細かい凹モールドを製作。


パーツの製作。

 
デティールを追加。

 
同じく細かいディティール。


首の関節の調整。


細かいパーツを磨いて調整。


ひたすらに細かいパーツを作る!


ここから作り直しで失速。

 
脛のパーツを作り直すことになる。

高さやボリュームの問題があり、また1からプラバンの骨組みを作ろうかと
思ったが、結局複製したものにパテを盛り付けて、それを原型として
作り始める。


段のあるピラミッドのような造形に作り直し。

前のものも原型→複製→仕上げ、でとんでもなく時間がかかっていたので
また最初から作り直しとなり精神的にもかなりショック。
フルスクラッチモデラーさんならこの気持ちわかっていただけるとおもう。


やるならとことん直すという風に決め、角も劇中イメージに近いものに
調整して作り直し。

 
少し頭に埋め込む感じで…


形の調整、仕上げ、複製、などまだまだかかる。



拍手[10回]

PR

磨きをサフェ吹きを繰り返す。



プラバンで凹みモールドを作る。

 
まだまだ全然だめだね・・・・・



  


結局、ベルトのバックルは形が気にくわなかったので
作り直した。



拍手[5回]



製品レベルにするためひたすら形を整える。




背中の虎も各パーツを加工して接着する。

拍手[6回]



磨いてるけどまだまだ先はながい。

真目取りもまだまだ全然とれてない。



まさかこのパーツをオール手作業で作るとは思わなかった。



ベルトのバックル的なパーツ。

 
蜘蛛の巣のラインがレオパルドンの特徴だ。


拍手[7回]



こういうのはしんめ取りにめちゃ時間かかるわぁ。 



拍手[7回]

 
いつもはこういった凹みのモールドのつけ方はあんまりしない。
削っていくほうが主流だね。


頭部も形成中!



それっぽくなってきた。

でも大きすぎてカメラにおさめづらいな。



拍手[6回]

 
こういう穴あけは本当にたいへん。
細く残していくのも難しい。
割れてしまった部分がある。

振動するカッターほしい。


内側から板をはる。

 
エッジを少し落とす。
やりすぎると細く見えてしまうので
控えめに落とした。


これは太もものパーツだね。 


ソードビッカーが出る形にしていかないと・・・・



拍手[4回]

© [ BLUE MIRAGE - bm-black ] 忍者ブログ [PR]