忍者ブログ
<< 2018/09 >> 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930
プロフィール
HN:
カリ・ス
性別:
男性
自己紹介:
主に古いタイプのキャラクターキットを製作しています。

お問い合わせはこちら
nosutaru@outlook.jp
P R
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
 

どうやって作ろうかずっと悩んでいたが、
結局プラバンでスクラッチ。



でっかい1/48ダンバインも完成させて展示会へもっていこうとおもうよ。



拍手[6回]

PR
 


面処理磨き、エッジ処理、 などなど、いろいろとまとまってきたので
モールドをいれていく。

拍手[5回]


このパーツ、やっぱり段差をなくすことにした。


 


塗装ではない。
まだまだ地獄の表面処理。


拍手[7回]

 
脛の蜘蛛の巣のエンブレム。

 
黒で塗装すると形のあまさがよくわかる。

 
傷やゆがみをとっていく。

 
ちなみに複製時のそりっかえりを計算して反対側にすこしそらせてある。


磨く。


シンメのある程度の狂いはハンドメイドなので愛嬌ということで!



磨けたけどこの一連の作業をあと2回くらい繰り返してきれいにしていく。


拍手[6回]

4月は忙しい感じなので、今月の後半からまた作業できる感じになると思う。

ブログチェックしてくれている人もいると思うので一応告知。

拍手[6回]


形整え中!
これこそ3Dプリンターで作るべき形だね。
手作業でやってるけどさ・・・



表面磨き中。

 
とりあえず、筋掘りを入れる前に一旦全部磨いておかないとね。
表面処理は変化が少なくて見ていてもつまらない上に、時間がかかる。


拍手[8回]

レオパルドンのフルスクラッチだが、
今月完成を目指してすごい勢いで進めてはいたのだが
途中、いろいろと悩む部分が出てしまい思いっきり失速・・・。

それにつられてネットに記事を上げるのもさぼっていた。

悩んだ挙句に部分的に作り直すことになった。

写真は撮ってあったので、とりあえずその後の過程画像はアップ。

 
すねのパーツ、何とか原型を作り上げて型取りして複製。


首の部分の製作。
中には金属関節を仕込む。


複製したパーツを磨きだして仕上げていく。


表面処理をして綺麗にしていくのが手間のかかる作業。

 
細かい凹モールドを製作。


パーツの製作。

 
デティールを追加。

 
同じく細かいディティール。


首の関節の調整。


細かいパーツを磨いて調整。


ひたすらに細かいパーツを作る!


ここから作り直しで失速。

 
脛のパーツを作り直すことになる。

高さやボリュームの問題があり、また1からプラバンの骨組みを作ろうかと
思ったが、結局複製したものにパテを盛り付けて、それを原型として
作り始める。


段のあるピラミッドのような造形に作り直し。

前のものも原型→複製→仕上げ、でとんでもなく時間がかかっていたので
また最初から作り直しとなり精神的にもかなりショック。
フルスクラッチモデラーさんならこの気持ちわかっていただけるとおもう。


やるならとことん直すという風に決め、角も劇中イメージに近いものに
調整して作り直し。

 
少し頭に埋め込む感じで…


形の調整、仕上げ、複製、などまだまだかかる。



拍手[10回]


磨きをサフェ吹きを繰り返す。



プラバンで凹みモールドを作る。

 
まだまだ全然だめだね・・・・・



  


結局、ベルトのバックルは形が気にくわなかったので
作り直した。



拍手[5回]

© [ BLUE MIRAGE - bm-black ] 忍者ブログ [PR]