忍者ブログ
<< 2017/10 >>1 2 4 5 8 9 10 11 12 13 14 17 18 20 2122 24 25 26 27 2829 30 31
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]


筋彫り入れてサフェ吹いて形を確認。




こちらもサフェ吹いて形を確認。

面もエッジもだいぶ良くなったと思う。



作り直しのため継ぎ目から破壊してはがした。

割れたところを処理中。




角の接地面も再加工。

 

これから磨きに入るよ。


拍手[6回]

PR
ちいさなパーツというのは面出し、エッジ磨きをするのは難しい。
曲面ならまだしも面で構成された複雑な形となればなおさらだ。

ここしばらく時間をかけてもなかなかうまくいかないので
思い切った方法で修正していくことにした。

ここ数日の苦肉の策である。



元のパーツを修正してなんとかしようと思ったが考えが甘かった。

サフェ吹いて磨いて面出しの繰り返しをしていたが、サフェの塊が
ボロボロとわれたりする。
だいいち、形的に面出しが困難である。



くちのパーツはこれだけ入り組んでいると面やすりをあてることが
できない。

パーツを一度切り取って面処理してからくっつけるという
非常に手間のかかる方法で処理していく。





もういい、鼻のパーツは別パーツにしてしまえ!



これで勘だけにたよった面出しではなく、平やすりで処理がしやすくなった。



鼻を別パーツにするだけで10枚の面に平やすりがあてられるようになった。




全部別パーツにしたいところだが、それやったらバラバラになるわ。



別パーツにすると面の合わせ処理がたいへんだわな。



ベルトのバックルも綺麗な面が出せるように段差のところを
別パーツに・・・



別パールとして複製した段差の面を一枚処理でみがけるようにする。



結局すべて別パーツにする。




こんな感じなのだが・・・・・



薄いパーツはポリパテ製だとすぐに割れる。
やはりプラ板で全部つくりないしたほうが無難だろう。

地獄見る前に早めの判断。



こんな感じのパーツ構成。



やはりポリパテでこんなに薄く削るのはかなり無理あるよ。

やっぱりプラ板じゃないと。

ポリパテのほうが削りやすさはあるけれどね。



形を調整していく。




村上克司や着ぐるみの形を参考にして、外枠も立体的にする。



こんな感じ。

大きなパーツ作るよりも細かいパーツをつくるのってたいへん。
神経もつかうし、頭いたくなってくるわ。

まだ何とか頭痛は大丈夫だ・・・・・





拍手[5回]


バックルの形を修正していく。


口が縦長だったのでかなり短く修正。


う~ん、まだまだ手をくわえないとなぁ・・・・


角が折れてしまい、接着剤でつけただけでは弱いので補強を入れる。


口のパーツに関しては、形をかなり手直しして整える。

 
真目取りも真剣にやればやるほど大変な作業だ。
とくにこういうパーツは複雑な面で構成されているからなおさらだ。


大きいパーツより細かいパーツののほうが面処理というか
エッジの処理がすごくたいへん。



まだまだ直す。


スコープドッグも塗ってるよ。



拍手[11回]


地震で棚から落ちで破損しました。

これを機に顔の形とかもう少し修正しようとおもいます。

拍手[8回]



正直、継ぎ目処理表面処理はやりたくないよ・・・。




実は緑に塗り替えようかどうしようかすごく悩んだんだ。

でも紫のままでいくことにした。


拍手[9回]



溶接モールドを加えていく。

ミクロマンボトムズにもやったけどね。

拍手[7回]




いちばんめんどうなコクピット内部から塗装。



拍手[10回]




こんどはやまとのスコープドッグいじりはじめちゃったよ!!

拍手[9回]



まだ直すかもしれないけれど、一応完成ということにしておこっかな。


拍手[12回]




いままでは銀を中心とした配色にすることが多かったけど

今回は青系にしてみた。

渋い感じになるね。

関係ないけど、ペールゼンファイルズのときは
この内部に二人入ってたりしたけれど
無理があるよねあれは・・・・


拍手[10回]

© [ BLUE MIRAGE - bm-black ] 忍者ブログ [PR]